2005年01月03日

RMT関連の記事です。

INTERNET Watchさんの記事より。
オンラインゲームでRMT禁止を明確化、FF XIに続き信長の野望も
コーエーとオンラインゲームポータルサイト「GAMECITY」を運営するコーエーネットは17日、両社の提供するオンラインゲーム内におけるRMT(Real Money Trade)の禁止項目をより明確にするために規約を改正した。
RMTとは、オンラインゲーム内の通貨やアイテム、キャラクターなどのデータを、現実世界の金品によって売買する行為のこと。すでにファイナルファンタジーXIなどを提供するスクウェア・エニックスでも「プレイオンライン会員規約」や「ファイナルファンタジーXI利用規約」でRMTを禁止していたが、12月9日付で改めてRMTの禁止をユーザーに呼びかけていた。
改正があったのは、「コーエーネットワーク利用規約」の第2章「ユーザー」と第3章「運営及び一般事項」の一部条項だ。第2章の「4.ユーザー登録」では、ゲームのアカウントやGAMECITYのIDなどの売買防止を目的として、利用資格があるのは登録したユーザー本人と明確に規定。利用資格の共有や第三者に対する譲渡、貸与、継承を禁ずると明記した。
また、第3章では「15.禁止事項」において、サービスの利用を通じて得たデータや情報を有償・無償に関わらず第三者に譲渡・貸与・継承する行為、営業活動を目的とした行為、ゲーム内で取得した仮想通貨やポイント、アイテム、キャラクターをゲーム外で有償取引する行為をそれぞれ禁じた。また、「ゲーム外での有償取引」にはネットオークションも含まれている。

 コーエーでは「RMTは通常のプレイを著しく妨害する行為やハラスメントを引き起こしている」とコメント。「RMT行為が発覚した場合はアカウント停止など厳しい処置を行なう」という。また、スクウェア・エニックスでは「RMT禁止の判断は統一判断ではない」と前置きした上で、「現在リリース済み、または運営中のタイトルにおいては、取引詐欺など現実社会での事件に発展する危険性や、ゲームの設計上RMTを前提としていないため、RMTを禁止としている」とコメント。「禁止行為が発覚した場合にはプレイオンラインからの強制退会など厳しい措置が執られる場合がある」としている。

上記、全て記事からの引用ですが、

ゲーム内で「ゲーム内の通貨を売ります!」と公明正大にやるはずもなく、ヤフーオークションや、RMTサイトを通じて売買する事になるのは誰しも想像出来るであろう。
ゲーム外での売買をゲーム内でチェックする方法がない状態を、何らかの形で取り締まる事が出来ないのならば、事実上RMTの規制がない状態と言えるのではないでしょうか。
サンワサプライUSBゲームパッド FFXI対応JY-PFFUW
サンワサプライUSBゲームパッド FFXI対応JY-PFFUW
posted by RMT-trader at 00:31| RMT総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

時代が分かる、RMT総研のトップへ。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。