RMT(リアルマネートレーディング、リアルマネートレード)は、オンラインゲーム上のデータやゲームアカウントを現実世界の資産(多くの場合は通貨)と交換する行為。またゲーム内のキャラクターを所有者に変わって有償で育成する行為。
これらの行為は、特に通貨単位が存在したり相場が形成されている・アイテムの譲り渡しが可能…など、擬似的な経済システムが成立しているMMORPGにおいて、より多く見られる傾向があるとされる。

ゲーム内の相場は通常、ユーザー間の相互同意で成される訳だが、これにはゲーム内でユーザー同士のチャット行為(おしゃべり)が可能なゲームに在って、ユーザー間に成立するコミュニティで次第に相場価値が決定されていくが、これとは別にゲーム上の店舗で物品を売買する際の価格が参考にされる。大抵は固定相場であるが、ゲームのユーザーが増えるに従って、必然的にアイテムの売りが増える事から、ユーザー間における売買相場は下がる傾向が見られると考えられる。

ゲーム上の通貨と現実通貨との交換レートは設定されていない場合がほとんどで、ネットオークションによって競りに掛けられるため、ユーザー間で折り合いがつけば、あまりゲーム上の通貨価値とは関係が無いと言えるが、実際にはゲーム内通貨のみの売買相場による価値の比較や、他のアイテムにおける現金取引の結果が参考とされるため、一定の為替レートが自然発生すると思われる。

2006年07月22日

ガンホー、元職員が不正アクセスで逮捕――RMTで借金返済

ascii24.comの記事より。
http://ascii24.com/news/i/topi/article/2006/07/20/663545-000.html

ガンホー・オンライン・エンターテイメント(株)は20日、同社の「元職員」(26歳/男性)が在職中に、同社の運営するオンラインゲーム“ラグナロクオンライン”のサーバーに不正アクセスしたとして所轄警察に逮捕されたと発表した。

元職員は、直属上司のアカウントを盗み見てゲームデータを管理するサーバーにアクセスし、ゲーム内仮想通貨を作り出し、RMT(リアルマネートレード)業者に販売することで売却益を得ており、売却益を借金返済と遊興費に充てていたという。

---

で、不正アクセス禁止法容疑で逮捕され、クビにされていますが。。。
偽札を作るのと意味は同じようなものなのに、随分軽い容疑で逮捕されてて
「割のいい」感じがします。

この手の会社が金策面で窮地に追いやられた時に、会社ぐるみでRMTしまくって、金策するのはどうなるんでしょうか?

インターネットの普及で法整備の考え方も変化していかないと、何かおかしなところに歪みが出来てくるのは間違いない事だと思います。


ガンホー・オンライン・エンターテインメント ラグナロクオンライン プレミアムパッケージ〜古... ガンホー・オンライン・エンターテインメント ラグナロクオンライン プレミアムパッケージ〜古...
posted by RMT-trader at 17:33| RMT総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

時代が分かる、RMT総研のトップへ。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。